teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


大虐殺肯定映画?

 投稿者:スタローン  投稿日:2009年10月12日(月)12時56分10秒
  周磨さま

今回は『意志の勝利』の批評について、何か妙な感じがしました。(私は残念ながら、この作品はまだみていません。)

周磨さまは「繰り返すが「意志の勝利」の時点では、映画の中でも現実でも、ホロコースト=ユダヤ民族絶滅政策は存在しておらず、正当性しかないのである。」と書かれていますが、ヒットラーは政権をとるや否や、公職追放や焚書を行って、もう既にユダヤ民族に対する弾圧を始めていました。そのために、ユダヤ系だったアインシュタインやフロイト、(かなり後ですが)奥様がユダヤ人だったダグラス・サーク監督は亡命せざるをえなくなりました。
このようなことは『ニュールンベルグ裁判』や『地獄におちた勇者ども』にも描かれていたはずなのですが、ご覧になられていないでしょうか?

(ヒットラーが政権を取る以前から、ユダヤ人排除を訴えていたことや弾圧については、下のサイトを見てみて下さい。)
http://www.geocities.jp/torikai007/war/1943/race.html

それに、『戦艦ポチョムキン』を批判しているところも気になりました。給食に、蛆のわいた肉を無理やり食べさせられるといった、畜生以下の扱いを受けた人々が仲間を殺されたことでいかりを爆発させることをもって、虐殺を肯定したというのは、いかがなものでしょうか?この様なことをいったら、『忠臣蔵』や『スパルタカス』の様な作品も大虐殺肯定映画になってしまうのではないでしょうか?また日本の刑事ドラマでは、犯人逮捕の場面で、刑事が犯人を「この蛆虫」「このゴキブリ」といって袋叩きにするようなものがゴマンとあります。こういった作品も大虐殺肯定映画なのかということになってしまいませんか?

こういった作品について書く際は、私自身への自戒もふくめ、もう少し慎重になってもいいのではないでしょうか?
 
 

確かにすごいですね

 投稿者:竹内です  投稿日:2009年10月 5日(月)02時38分12秒
  私は先月観ましたが、風格にあふれた映画ですね。
平日の昼に観ましたが、客層は「レボルショナリー・ロード」とよく似ていて45歳から50代の女性が多く、男性は彼女らの夫と思われる数人程度、入りも上々で、違う小屋で来週から再公開されるくらいです。

私の住んでいる地方もああいう無医村の村が相当あり、雰囲気も同じで、相当リサーチされて脚本を書かれた事はすくにわかりました。あの真面目なようでいい加減、善悪が入り混じった空気。

主演の鶴瓶さんをはじめ、俳優陣はみな見事な仕事ぶりでしたが、一番みていてひかれたのは余貴美子さん演じる看護師でしたね。「先生」が何者かしっかり分かっていながら、医者としての仕事を達成させてゆく。あの針を刺すところは圧巻ですね。

今年邦画もいろいろ観ましたが、これとアニメながら「サマー・ウォーズ」が特に素晴らしかった。
 

西川美和、凄い!!!

 投稿者:E.T.  投稿日:2009年10月 4日(日)21時40分25秒
  映画祭で周磨さん、”一押し”と承った噂の映画:ディアー・ドクター、本日拝見させていただきました。オリジナル脚本・原作・監督と八面六臂の活躍された、西川美和さん。凄いですね。撮影(柳島克己・・・北野映画の常連)照明・録音・衣装デザイン(黒沢和子)・編集を見事に束ねた力量は、現役ベスト1かも。適宜挿入される無人のショット、オフで被さる台詞、日中室内場面なのに、白黒陰影を強調したシーンあり、後半の重要人物;井川遥登場場面の妙・・・もう神業では?
青い田圃や俯瞰気味の構図に強調される赤いオープンカー等々。巧妙に登場するアメリカンポップ風な音楽が、暗くなりがちな物語を中和している。娯楽映画のお手本であろう。
 

「蛙の会」

 投稿者:周磨要  投稿日:2009年10月 4日(日)08時25分17秒
   今年の「蛙の会」の詳細が、下記のように決定いたしました。ご来場・ご支援いただけましたら嬉しく思います。


    話術研究会 蛙の会 発表会

 と き  平成21年11月1日(日) 午後1時開演(午後12時30分開場  終演予定午後4時30分頃)
 ところ  門仲天井ホール ℡03-3641-8275(東京メトロ・東西線 都営・大江戸線 「門前仲町」下車2分)
      木戸銭<公演協力費>御一人様1000円(水あめおせんべいつき)

         演 目 予 定
 街頭紙芝居  ヒロちゃん            山我静
 活動大寫真  血煙高田の馬場          石畑榮一
 落語紙芝居  七どぎつね            岡松三三
 活動大寫真  ドタバタ撮影所          周磨要
 民話紙芝居  新つるのおんがえし        高木孝
            休     憩
 活動大寫真  滝の白糸-前篇-         田家左和子
 街頭紙芝居  ロボット宇宙人X         榎本千賀
 活動大寫真  弥次喜多 尊王の巻        坂元洋
 民話紙芝居  しりっぺしゃもじ         中原路津
 活動大寫真  日の丸太郎 武者修行の巻     竹内尚志
            お 中 入 り
 街頭紙芝居  少女椿              湯川博士
 活動大寫真  豪勇ロイド            早乙女宏美・高橋晴美(分け読み)
 落語紙芝居  目黒のさんま           湯川恵子
 活動大寫真  鯉名の銀平 雪の渡り鳥-后篇-  飯田豊一

 問合せ先 話術研究会「蛙の会」
          (マツダ映画社内 ℡03-3605-9981)
 

至急のお願い!

 投稿者:吉原杏メール  投稿日:2009年 9月26日(土)16時23分21秒
  ご無沙汰しています。お願いがあります。息子の名前(本名)を掲示版からお手数ですが削除をお願いします。私も、吉原とマイストーリー等で使っていた名前が同一だとわかると仕事上こまりますのでお願いします。息子がこの件で、いじめにあってしまいました・・・  

映画の見せ方

 投稿者:周磨要  投稿日:2009年 9月22日(火)07時08分14秒
   淀川長治さんは、「粋に眼で見せる」映画を絶賛しました。「野暮に見せる」映画は嫌悪しました。何が粋か、何が野暮かは各自の感性であることは確かです。淀川さんは感性の鋭敏な方でしたが、小林正樹や一部の大島渚作品は、酷評しておりました。それはそれで、良いのではないでしょうか。  

見せずに描く

 投稿者:黒い手袋  投稿日:2009年 9月21日(月)15時15分16秒
  周磨様
淀川長治先生は、「映画は眼で見せる」とよくおっしゃっていたと書かれていますが、私が晩年の淀川先生の講演を、幸い何度か聴く機会があった際のお話では、むしろ「見せずに描く」といった作品をほめていたような気がします。
一例を挙げさせていただくと、よくマルグリット・デュラス脚本、アンリ・コルピ監督の『かくも長き不在』をほめておられましたが、そういう時には「この映画には、ドンパチの場面は一つもありません。でも、戦争が、人の体だけではなく、心にまで、どれほど消えない傷を一生のこすのかが、脚本や演出の力できちんと描かれてます。立派ですねえ。血や内臓をこれでもかこれでもかと飛び散らさなくては、戦争の悲惨さを描けないと思ってる、オリバー・ストーンやスピルバーグのようなバカ監督の映画とは、段違いだ。」というようなことおっしゃっていました。
晩年になって、色々と心境の変化があったのでしょうか?周磨様は、どう思われますか?
もしよろしければお聞かせ下さい。
(オリバー・ストーンやスピルバーグを、バカ監督とまでいったことも本当です。)
 

連休は、多数派

 投稿者:E.T.  投稿日:2009年 9月19日(土)15時46分22秒
  周磨様、「湯布院映画祭日記2009」拝見させていただいております。わずか一ヶ月前とはいえ、お話された幾多の方々の発言を詳細にご記憶なので、びっくり!!!
多少の脚色あろうとも、読んで楽しい<映画伝道師;淀川長治氏の教えか>映画ファン参加&体験記ですので、無責任な岡目八目のひとりとして覗かせていただきます。
 

遅まきながら…

 投稿者:周磨要  投稿日:2009年 9月15日(火)07時47分34秒
   遅まきながらのご連絡ですが、毎年恒例の「湯布院映画祭日記」が、第4回までアップしていただいています。湯布院の友もそうでない人も、お暇があればのぞいていただけると嬉しく思います。  

ゴジラ対ガメラ

 投稿者:黒い手袋  投稿日:2009年 8月25日(火)13時52分9秒
  今出ている『映画秘宝』10月号に、金子修介監督のインタビューがのっており、「ゴジラ対ガメラ」をやりたいと語っています。
また他にも、鈴木則文監督が「トラック野郎」以前に作っていた、「芸者」「関東テキヤ」「恐怖女子高」の各シリーズの特集がのっていて、なかなか面白いです。(山城さんの他界が、改めておしまれます。)
 

レンタル掲示板
/17