teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:1/187 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

理想の税制・理想の税金

 投稿者:かじかわ  投稿日:2019年 3月23日(土)02時11分42秒
  通報 返信・引用
  届くことを祈っています。クライストチャーチでの乱射、NZ・ニュージーランドでの学生達の環境ストライキ、そしてここ、社会主義の学生・UKにたどり着きました。愛の税金(tax of love)は必要ですか?私は昔、高校・学生(今でも放送大学生か)の頃、中学の勉強が忙しかったため(英語の成績が安定しない)高校で、難しいことを簡単にやってしまう、学問をした結果、《愛の税金》が必要と悟ったのです。現在でもレジの女の子は「結婚指輪」と誤解して「相手によって違う。」と、喜ばれていないのですが。占い師の人の『《愛の税金》は、寄付。』と云う言葉を聞いて、応用が利く言葉をして理解してください。
 『社会主義者が資本家と争い合う態度を見て、両方とも同じじゃ無いか、同じ所得税制の基に生まれた制度だ。』と、素人の税研究家は判断してしまうのですが。双方のいいとこ取りを行う、『団体行動と個人行動の定率化を図る』という言葉を基に、税制を《収入税》に纏めてしまえばと考えたのですが、後で、明治17年に《収入税法律案》というのが生まれて、明治20年に《創設所得税法》が生まれたのを知るのです。私としては《収入税》になって、イギリスの分類所得税の方を採用して、業種ごとに競う税制になってたらな~~。と、想うのですが。
 とりあえず、《収入税(tax of revenue)》を採用して、経費の分にも課税する税制を利用して《民主効率主義経済》と云う、資本では無く、効率を求める経済を行ってみませんか?社会主義・資本主義と拘ること無く、儲けを大切にする経済を創るのです。『資本家の利益を労働者と共に求めるのでは無く、愛情家(情熱の在る貧乏人)の利益を生活者と共に求める社会』を創るのです。ちょっと難しいかな?感覚的にはこれでいいと想っています。
 そしてゆくゆくは、《収入税》は28、30年間は受け入れて貰っていないので、中国の駐在員事務所で行われている《経費課税》を使い、経費の再分配を行う事による、資本の格差が無くなりそうな、《愛情主義経済》を目指すべきかと想います。効率を求める資本主義から、愛情を求める効率主義へ、そして未来を求める愛情主義へという感じです。
 この文章が、今後の社会主義の学生UKの、未来に役立てば、幸いです。
素人の税研究家  枻川 清(かじかわ きよし) 2019/03/20
p,s
環境問題とは関係なかったかな??cost taxによる、コストの掛からない環境に住もう!
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/187 《前のページ | 次のページ》
/187