teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


《愛の税金》依存症

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年11月13日(火)23時14分46秒
返信・引用
  中根一幸さんに申します。最初、国のことも考える《愛の税金》というものを思い付いた時、自分のために使うお金が多い人ほど、国のためにも使うべきである。と云う、国と個人のバランスを取ると云うことが最新である日本人像でしたが、ここら辺に来て、世界の土石流や山火事、近所のおばさんの死などの時を同じくして、改まった考えが、儲かった人が国のことを考える、儲からなかった人は個人のことを考える、それでいいんだ。と云う従来の日本人像でした。収入では無く儲かった所得の部分に税を掛ける、個人はある程度の累進を設ける課税、法人は4割3割、2割??の税を儲けて、決して事業収入税・取引税・売上高税などの古い直接税・間接税は設けない、所得税では無く、統一間接税、愛の国フランスで生まれた、消費税で盛りきっていく経済で良かったのですね、過去の理想が手に入ったと云うことで。単純な発想で悩んだ、国と個人のバランスを取ると云う最新の日本人像を考えなくても、過去の人を思い出すように、まず個人の黒字化を目指そう、国の黒字化はそれからでも遅くは無いんだ。と云う発想が必要だったのですね。では、アフリカ・カンボジア・ベトナムなどを助けて行くには、過去の税制turnover tax などの直接税化を利用した、《民主効率主義経済》へ結びつく、資本の要らない貧しい人の利益を計っていく経済、では無く『みちびき』などの最新の衛星または資本などを使いこなす経済で、親が今の方が貧富の差は少ないと言う程に、田舎と都会の差が滲み出す、活気に満ちあふれた暮らし、普通に話し合いが出来るほどに、混み合わない電車通勤の暮らしなどをしていくのですね。これから、異常気象・プラスチック海洋汚染などの問題が生まれてくるでしょう。でも、天動説と地動説などのように、根本的な考えの違いから、新たな決定稿が決まることを期待して、今まで戦争も平和もあったけど、儲かった人が税金を払ってきたのだから、其れで大丈夫なのですね。だいぶ心配したのですけども。実際の所、アルバイトしていたときに、1,2万円儲かったのですが、忙しくて疲れて、儲かった人が税金を払うと儲からない仕事が増える。と誤解してしまったのですね。
2018/11/13
 
 

これからの道・希望

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 9月13日(木)02時16分17秒
返信・引用
  もし、低所得の100万円と高所得の100万円が、違う価値だから税率が違うんだよ、と納得するのであれば、経費にはものすごい価値があるから無税なのだと考える。だからだと、今の税制に納得するのであるが、所得には経費よりも価値が在るという考え方とは矛盾が生じる。資本家には経費・資本に価値があったのだとする考え方に問題は無いのだろうか??
資本がある程度あるこれからは、愛情家(情熱のある貧乏人)の利益を生活者と共に、求めていく必要があると想う。
2018/9/12~13
拝啓

素人の税研究家の枻川 清(かじかわ きよし)と云います。放送大学生です。

素人ながら、《愛の税金》を考えていて、《愛情主義経済》という言葉にたどり着きました。
これは、資本というお金を求める資本主義経済から、愛情という幸せを求める経済、《愛情主義経済》に切り替えていこう。あるいは、資本と愛情のバランスを整えていこう。と云う考えにたどり着きます。
担税力の「所得」だけで無く、担税責任の「経費」にも課税範囲を広げていく安い税率1%~3%、3%~10%(1%寄付)までの税率で切り盛りしていこうという、個人収入税・農業収入税・事業収入税・金融収入税・あるいは事業取引税・経費課税・逆人頭税(歳入逆税・ベーシックインカム)などの税制で切り盛りしていく経済、《民主効率主義経済》・《愛情主義経済》を創っていこう。と云うものですが、意見をお聞かせください、待っています。

資本主義経済下での所得税制では、重要なことは儲からないから経費控除を行い、儲かることは重要で無いから累進で税を取ると云った、重要なこと・儲かることそれぞれを別々に求めてしまう、二極化に分かつ経済が生まれ、競争・紛争・戦闘行為が無くなっていかない社会が続くと想われます。これをワンネスと言われる一極化を生んで行くには、貧しいものから発展していく、愛情家(情熱のある貧乏人)の利益を生活者と共に求めていく通常時の経済を創って行く必要があります。資本家の利益を労働者と共に創り出す経済は、緊急時の経済だと割り切らなければ成りません。
敬具

枻川 清 2018/9/1~5
 

愛情主義経済へ  《愛の税金》と云う精神病

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 7月17日(火)23時31分37秒
返信・引用
  素人の税研究家です。枻川 清(かじかわ きよし)と云います。私は、高3の時に、初恋の人に持てようと想い、運動部の自主トレを起き上がれなくなるほどやり、人と喋れなくなって、なんとか喋ろうとして《愛の税金》という言葉を、初恋の人の心の子として生んで育てた精神分裂病者と言われた存在です。
 話を聞くと、精神科医には心が無く、精神病になる人は心が豊かだったんじゃないかと考えてしまいます。老人ホームを襲った若者も、心が豊かで、社会の矛盾に立ち向かった挙げ句、社会に従うと言う形で狂ったのじゃないかと想います。
 私の育てた《愛の税金》は《愛情主義経済》という言葉に生まれ変わりました。担税力に応じた課税は、重要なことは儲からない、儲かることは重要ではないとして、能力というものよりかは、重要なことを経費を掛けて、儲からなくてもやり抜く勇気が必要になってくる。そのような経済発展の仕方が、資本主義経済という緊急時の経済を造り出したのだと想います。
 これからは、重要なことは儲かる、儲かることは重要だと云う、経費控除の無い税制、収入税・経費課税・生産費税・逆人頭税(歳入逆税、ベーシック・インカム)などが必要になってくる通常時の経済、《民主効率主義経済》や《愛情主義経済》を求めて、資本家と云われる労働者の利益を求める経済ではなく、愛情家(情熱のある貧乏人)と云われる、生活者の利益を求める社会に代わって行くのがいいかと想われます。
 また、お金に愛を乗っけないで、ただお金を無くそうと云う人も居ますが。
 私の場合は、心無い精神科医が心豊かな《愛の税金》と言う私を褒めないで、騒ぐから黙らせようとしただけで、そこには解決をする出口が無かったみたいですね。とすると、素人の税研究家の話をとうとうと聞かない親兄弟親戚は、お恥ずかしながら、心無い人たちなのかもしれません。としてください、愛情の足りない資本主義の暮らしが病気の原因だったのだから。
                        2018/07/17

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

愛の税金を創ろう。

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)22時46分6秒
返信・引用
  愛の税金を創ろう。緊急時の背策として造られた、税を払える人は払うべき人だとした所得税による資本主義経済では、重要なことは儲からない、儲かることは重要ではない、と云った策を作り出してしまい良くない。重要なことは儲かる、儲かることは重要だと云った通常の策は、税を払える人(所得)と税を払うべき人(経費)とが、一緒になって払っていく「収入税」になることが必要。そのような、「民主効率主義経済」や「愛情主義経済」を目指して行こう。
2018/6/2

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

幸せをも求める経済

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)22時41分23秒
返信・引用
  国や県や市は、豊かさを求める経済ではなく、幸せをも求める経済として、所得税ではなく、≪収入税≫や≪経費課税≫を求めるべきだったのだと想う。
       2018/5/1~6/9

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

貧しい人達から発展する仕組みを

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)22時38分42秒
返信・引用
  私たちの世界は応用のきかない経済環境でした。責任に応じた分配(給料・経費)と能力に応じた課税(所得税)から、能力に応じた分配(利益)と責任に応じた課税(経費課税・収入税)に変わって行こう。重要な事は儲からない、儲かることは重要でないとして、累進所得税を取る修正資本主義経済から、重要なことは儲かる、儲かることは重要なこととする、民主効率主義経済や愛情主義経済へ向かおう。
豊かな人達から発展する仕組みから、貧しい人達から発展する仕組みを、しゃんしゃんしゃんで、出来るとは限らないが、所得の再分配ではなく、収入の再分配・経費の再分配で出来るのでは無いのか?争わない格差も作れるのでは無いのか?
2018/5/18~19

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

【愛】の経済は愛情主義経済なのか?

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)22時27分22秒
返信・引用
  精神的幸せを求めるのが【恋】
物理的幸せを求めるのが【性】
両方が合わさって新たな段階、
貧しい者の幸せをも考えるのが【愛】

【恋】の経済が共産主義経済
【性】の経済が資本主義経済ならば、
両方が合わさった新たな段階、
【愛】の経済は愛情主義経済なのか?

歌にならない。 2018/5/12

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

責任・評価・信頼に基づく憲法を創ろう。

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)22時22分31秒
返信・引用
  憲法改正を考えるのなら、義務・権利に基づく憲法を創るのではなく、責任・評価・信頼に基づく憲法を創ろう。穏やかな暮らしができるはずだ。日本人の三大義務ではなく、三大責任として『責任に応じた教育』『責任に応じた労働』『責任に応じた課税』が必要になるはずだ。通常時は超共有体の活動。そして、緊急時には其れが段々削がれ、団体行動の義務権利になり、最後にはテンデンコ、ばらばらに生き延びよと云う事に為る。日本世界評価委員会、信頼・感動発表会、展覧会は必要になるでしょう。

議論しないことは、結果は解っている、議論する必要がない。と云う策。

役立ててください♪みんなの為の自分の意見です。
貧富の差は確かにあり、上を見ても下を見てもきりがない。仲間は居なくなった。
重要なことは儲からず、儲かることは重要でない。だから、累進で課税する。お金を無くすのは、緊急の策に過ぎない。恒久なる策を立てよう。
2018/5/4

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

(貧しい者)から発展していくという経済を創ろう。

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)22時14分0秒
返信・引用
  税制を能力に応じた課税から責任に応じた課税に変えて行く事で、資本の無いモノ(貧しい者)から発展していくという経済を創ろう。担税力に応じた課税の所得税による資本主義経済から、担税責任に応じた課税の収入税・経費課税による民主効率主義経済や愛情主義経済として、争わない格差・正当な所得格差を求めて行く。
2018/4/25

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

『愛の税金』って哲学になりますか?

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)22時10分52秒
返信・引用
  『愛の税金』って哲学になりますか?反対されない税金を考えたら『収入税』だと想い付いたのですが、みんなには反対されてしまって。『愛情主義経済』という言葉を想い付いたら、愛される税金・喜ばれる税金・大切にされる税金・景気の良くなる税金・幸せになれる税金と来て、儲けを大きくとる税金だと考えて、『担税責任』に課税する『経費課税』だと。もしくは、また元に戻ってしまうのですが、担税力と共にある『収入税』だと。緊急時を『資本主義経済』、通常時を『愛情主義経済』と考える様になって居ますが、喜ばれる税金・『愛の税金』は実際存在できるのでしょうか>?                                     2018/4/13

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

≪収入の再分配≫

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)22時06分16秒
返信・引用
  収入税(Revenue tax)は役に立つでしょうか??お願いです。アサド政権とシリアとイランとアメリカとロシアとイギリス・フランスそして日本の間で≪収入の再分配≫をし合ってください。上手く行くでしょう。争わない格差を求めよう。そして平和が訪れるでしょう。御仏前の精神を利用して。
2018/4/11

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

コストの掛かる事を、我々の欲望のまま

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)21時59分13秒
返信・引用
  しかし、今の『正義』と云う文面を掲げる体制のまま、お金を無視する(無い)経済を進めて行ったら儲かる(余裕の生まれる)事はやらずに、無駄な、コストの掛かる事を、我々の欲望のまま行う事に為らないのでしょうか>??                   2018/3/29

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

儲からせる必要がある(働くと云う事は緊急時)

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)21時54分51秒
返信・引用
  失礼します。吉田さん、想い付き考えました。お金を無くすと云う事は、100%の所得税、-100%の負の所得税を認めるということに成りますね。その世界では、儲かる事をしても儲からなくなり、損をすることをしても、損しなくなります。
皆は儲かるようにと想って仕事を始めると想うんですよ。そして儲からなくなって、転職するのですが。で、ふつう所得の累進課税を単純に考えて、儲かるのは難しいが、儲からないと行けないみたいだ、と思いますね。また、緊急時には、お金の判断のしない行動をとります。ここは無料で、たくさんお金を集めたくさん使います。お金のいらない世界は、緊急時なのですか、通常時なのですか?
あーそうか、儲かると想うから、みんな働いたのですね、儲からないと思ったら、みんな働かない。とすると、働くと云う事は緊急時に必要なことである、バックアップ体制は必要になる。と云う事なのですね。最初、「所得の累進課税や、売上税なんかよりか、収入税にした方が景気が良くなって、儲かるようになる。」と考えたのですが、お金なんかなかった時の感覚のまま、良くなる様にと考えるのですね。
あるいは、『お金なんかあるから、上手く行かないんだ。』と、みんなが想い込むほどに、お金が信じられなくなって、金銭を使用していくのを辞めるのでしょうか?そうであるなら、それまでは、お金を信じられる税制として、できれば、収入税・経費課税を採用し、優秀な金銭感覚の中、経済を進めて行って貰いたいと想います。
親が言うふうに、本をちゃんと読んでいないから、こんな文章になるんでしょうか>?
                                               2018/3/29

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

通常時は意見が合う。と、緊急時は意見が合わない。で切り替わるだけ、

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)21時42分50秒
返信・引用
  重大なお知らせがあります。『愛の税金』(喜ばれる税金)による≪愛情主義経済≫をうまく事が運ぶ経済と感じて、今まで策を考え講じてきましたが、二つ考えが乱れました。みんなが反対したこと。パソコンを通じて占ってもらった『≪愛情主義経済≫は小さなコミューンで終わるだろう。』という意見を聞いて、不思議に想っていたことです。私は働いては居ません、稼いでもいません、受験勉強もしていません。放送大学を聞くのが好きなだけの怠け者です。そんな者に何の理が在ったのでしょう。智恵子おばさんは、一人身になって周りの人と口をきくようになったと、長男・次男・末っ子・妹、などの立場で三者三様の違う意見がそれぞれ存在する。担税責任・収入税・≪民主効率主義経済≫などと云うあなたが考え出した、一つの意見に纏まるはずがない。お前に従えとそう言って居る様なモノだよ。と、そんな風に言うのです。その時は、「良い意見は一つに纏まるんだよ。」と、そんな風に答えたが、夜中一昼夜立って、≪資本主義≫が緊急時、≪愛情主義≫は通常時と考えたが、
いや其れで良かったんです。『自分の為のみんなの意見を訊き、みんなの為の自分の意見を言う。』と『みんなの為のみんなの意見を聴き、自分の為の自分の意見を言う。』の違いはどっちがダメと云う事ではなく、通常時は意見が合う。と、緊急時は意見が合わない。で切り替わるだけ、意見が合う≪愛情主義経済≫は、苦しい恋だ・苛めに会う・塾が忙しい・勉強が追い付かない・難しいことを簡単にする学問をする、と云った緊急時を生き急いで変化をしたため、通常時の経済に成り得た。
そうなんだと云う事だと分かった。緊急時故、意見が一致せず豊かな者の利益を考え、通常時は効率的に愛情的に事が動く経済が生まれると云う事だったのが、ただ貧しいのだ、『争う格差では在る』程に貧しく、『所得の再分配をする』程豊かなのだ、何しろ緊急時だからだ、きっと復興を遂げた通常時には、経費課税を認める≪愛情主義経済≫にとって代わるだろう、それがまた永代に続くのだ。その場凌ぎでは無かったのです。良かったと想ってください、それが本望だと。
農業収入税も入れといてね、と伝えます。六次産業化も夢じゃない。   2018/3/23~27

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

お金では手に入ら無いモノならば自分で作るべきなのだ

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)21時36分48秒
返信・引用
  吉田さん、だんだん誤解が解けてきました。儲からないから、お金は信じない。これ当然なんですね。アルバイトして買ったCDラジカセが性能悪いからと云っても、お金をもっと出しても上手く行かず抗えない、そう、金で買うよりも、性能を良くする技術を求めるべきなんだ。其れが叶えば、高くとも安くとも、満足いくものができる。何に満足すべきか??お金では手に入ら無いモノならば自分で作るべきなのだ

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

御札

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)21時32分32秒
返信・引用
  『愛の税金』(喜ばれる税金)
収入税・経費課税
愛の国(Love system)
愛情主義経済
民主効率主義経済
事業収入税・生産費税
資本分散型発展
安定した経済変動
担税力を褒める、担税責任
情けない愛から入る
永遠の愛(Eternal love)
情熱のある貧乏人の幸せ
緊急時の経済:資本主義
≪愛情主義≫は通常時
沸騰型経済
争わない格差
経費の再分配
幸せのボルテージ

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

緊急時の経済体系から生まれた、資本主義経済

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 6月 9日(土)21時30分19秒
返信・引用
  お金を信じられないモノにしてお金を無くす事よりも、お金を信じられるモノにして(争わない格差を収入の再分配や経費の再分配を利用して作り出し、争わなければ愛し合えないような場面を(性犯罪とか、上手く行かない恋愛とか)無くして行かないと「クリスパーキャス9」のような≪ゲノム編集技術≫)が出来ても、「モンスターファーム」のアニメに出てくるような古代の怪獣の争い何てことが現代に現れます。そんな事が無い様にしなければ行けません。と云う事は、40年間上手く行かなかった恋・苦しい恋を解消するために創った≪愛の税金が重い≫といわれる歌ができるのは、恋愛が想い(重い)と云う事ではなく、お金を信じられるような≪愛の税金≫を作り出すことは難しい、と云う事かもしれません。
お願いです、吉田傑さん。世の中を変える、と云う事ではなく。緊急時の経済体系から生まれた、資本主義経済を、『重要なことは儲からない、儲かることは重要でない。』 という意味合いだったことを認め、過去の未来透視による現在を見定め、≪『未来を良い方向に』変えて行ってください。≫お金さえ認められる、争わなくても愛し合える、正当な格差、争わない格差の為に・・・・・・・。

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

政策

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 3月18日(日)23時30分47秒
返信・引用
  お金が信じられる社会へ。理想の政策として、緊急時の所得税制による≪資本主義経済≫から、通常時の収入税・経費課税による≪民主効率主義経済≫や≪愛情主義経済≫に遷ろう。そして緊急時には素早く所得税制に戻ろう。 2018/3/17

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

3/11が誉の日に成れるのか?

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 3月11日(日)14時57分54秒
返信・引用
  「儲かることは重要である、重要なことは儲かることである。」という通常時の考え方は、災害の多い非常時、緊急時を生きて、積み上げた『資本主義経済』とは矛盾するのである。通常時の考え方を否定する生き方は、現代に役立ち易いと想われる。「重要なことは儲からない、儲かることは重要でない。」という、緊急時の体制から回復・復旧・復興しない限り、通常時の上手く行く経済は成り立たないのである。我々は早く、『民主効率主義経済』や『愛情主義経済』と云う、「収入税」や「経費課税」の在る、通常時の経済にたどり着くべきだろうか? 2018/3/11

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

遅れて

 投稿者:かじかわ  投稿日:2018年 3月11日(日)14時42分56秒
返信・引用
  ≪愛の税金≫を創ろう。所得税制のままで良いのであれば資本主義でいいのだが。資本家ではなく、愛情家(情熱のある貧乏人)の利益を図り、貧富の差が生まれにくい経済を創ろう。≪収入税≫・≪経費課税≫と云った、担税責任に課税して担税力を褒める税制による、≪民主効率主義経済≫や≪愛情主義経済≫を創って行こう。沸騰型経済として、幸せを求める経済として。 2018/2/12~25

http://www2.plala.or.jp/TAX/

 

レンタル掲示板
/9