teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


410

 投稿者:ユダ  投稿日:2010年 4月27日(火)22時47分34秒
  高校三年のとき、大晦日はディズニーランドへナナと行った。年が変わったところで、キスをしたりした。その後、オールナイトでいるはずが、私が風邪をひいたため、早く帰りたいといった。彼女はそのことを怒った。でも私は帰った。

彼女のナナとは、公園のベンチで別れ話をした。理由は新宿、板橋本町のナナのことが忘れられない、という事だった。彼女は納得しなかった。綾瀬のホームで向かいのホームから私のことを大声で呼んだ。寒い夜の出来事だった。

高校の時の初めてタバコを吸った。銘柄はサムタイムス・メンソールだった。立石の友達の家のそばでトンネルがあり、そこで吸ってくらくらしたのを覚えている。バイトの帰り・・そこによって彼とタバコを吸った。

学校に行く途中で、おまわりさんに捕まって質問を受けた。彼らは私がタバコを吸ってると思い込んでいるようだった。でもその時に私は、吸っていなかった。口の中を検査させられた。

ダルクに入寮している時、ヒデキと一緒にいて、彼がHMVで万引きをした。私はやってなかったが、私も警察署まで連れて行かれた。それで、私に捜索願が出ていてまだ取り消されていなくて、母が上野警察までやってきた。
施設のスタッフは来なかった。

高校に通うには、ビアンキというマウンテン・バイクに乗って通っていた。それはその先、ロックスの駐輪場で盗まれる事になるが、ある時学校に行く途中で、おばあさんと自転車で接触してしまった。おばあさんは病院から出てきたばかりであった。接触後、そのおばあさんともとの病院まで同行した。

私の高校のときに使っていた自転車は、高価なものである友達に冷やかされた事がある。
その友達とは誘われて一緒にロックスの宴会場で働くようになったのだが、私の方がロックスになじんでしまった。彼は「勇ちゃん」て呼ばれてんだろう、なんて私のことを言った。

ロックスではタバコは堂々と吸っていた、時々黒服に未成年のして、と言って注意された。
その黒服とはバイト帰り、中華料理屋でばったり会ったことがある。彼女・・と思われる私によくしてくれた女性と一緒にいた。
 
 

49

 投稿者:ユダ  投稿日:2010年 4月26日(月)22時49分22秒
  これを書きながら、人に特定の人に見せるわけではない事を知り、書き方が川ってもいいことに気が付いた。苦難の道、を私は生きている、いいことがあまりにも思い出せない、苦しい事、辛い思い出、後悔ばかりが頭の中にこびりついている。いやな事だけではなかったはずだ。しかし大方、いやな事ばかりを思い出してしまう。
問題は薬物と言うより、生き方にあると感じる。

初体験になろうとした時があるが、その時は酒で酔っていたし、仮性包茎であることも知らない私は、できなかった。高校の時鮒忠でバイトをしていて、忘年会で更衣室で名前は忘れたが女と二人で、服を脱ぎ、肌を合わせる・・その後その事は板前の一人に話されて、彼女は他のバイトの二人にいじめを受けるのだが、その電話が私のところに入ってきた。歯科助手をやっていた女性と接触、体を触りあったり、彼女はすぐに辞めてしまった。彼女の事は板前の一人が送っていった。その後姿が今も忘れられない。
私は犬が死んだと言ってバイトを休むが、店長にはその事は知られていた。

結局私のバイトの中心は、ロックスの方に移る事になる、そこで彼女をつくり、仮性包茎の立たないペニスを口に含んでもらった。私はマンコではなく、尻の穴を触ってしまい彼女は笑って身をよじる。

高校のときに、ウスイさんたちとカラオケに行った。卒業、尾崎豊を歌うときは、分担して高いところをウスイさんが歌い、低いところを私が歌った。

文章はドンドン逸脱してゆく。あることを見ている時、次のあることが思い浮かぶ。加と思うと別の何かに変わってしまっている。分裂症、と伊沢さんはステップ4のことを言っていたがまさにその様な感じである。思いつくままに文章にしていくと、文章の意味が人には伝わらなくなってしまうようである。しかしこれは、誰かに見せるわけではないのだから、それでもよいのかもしれないが、どうなのだろう。

考えているのは、できるだけいい記憶、楽しかった事もあった。
ロックスのバイトの帰り道、従業員入り口である女の子の自転車に乗せてもらって、駅まで行ったことがある。本当に好きな女性を、気になる女性を彼女にする事は難しかった。彼女となったナナもまわりからのプレッシャーがあったと記憶がある。相手本人からのアタックがあって初めて、私は彼女を彼女とした。

ロックスのバイトの、名前は忘れてしまったが、町屋に住んでいた年上の女性・・とナナの関係はよくなかった。私は町屋のカラオケボックスで彼女に無理やり・・キスをした。彼女は石の様だった。
 

48

 投稿者:ユダ  投稿日:2010年 4月26日(月)22時17分21秒
  二十過ぎた頃、二十三くらいの時、セイシさんとクリスマスパーティーで知り合った。高校の同級生だが、同じクラスになったことは一度もない。その後、セイシさんを初詣に誘い、一緒に行った。電話番号は何かで調べて、電話をかけた、ドキドキして。彼女は看護婦をやっており、私はSMのショーパブで働いていた。美術館にも行ったし、食事にも行った。ホテルにも行ったし、部屋にも来てもらった。

セイシさんと出会ってすぐに、ホテルに誘って裸になって、やろうとしたら拒絶された。
私が上手くできなかったからだ、その時仮性包茎は直っていたはずだが、上手くやり方がわからなくて、彼女はそれをまどろっこしく感じたのだと思う。
私はアダルトビデオと、風俗嬢しか知らなかったから、本当のセックスは知らなかった。

幡ヶ谷に住んでいた時に、仮性包茎の手術を受けた。手術は失敗して、その夜救急車で新宿の病院に運んでもらった。次の日に整形外科に行くと、笑いながら医者がデスクに座っていた。

手術を受けた後、風俗嬢を、デリヘルを呼んだ。初めて呼んだ子の下着を隠して、困らせた。風呂がなかったので、別料金を取られた
 

47

 投稿者:ユダ  投稿日:2010年 4月25日(日)18時16分1秒
  高校の時、同級生でニルバナ、という女の子がいた。同じクラスになった事はないが、浴亀戸の曳舟行きの電車で、見かけた。色がとても白くて、ハーフのような顔立ち。紙は茶色で長かった。その白いふくらはぎを、いつも見ていたような気がする。

高校の時、亀戸駅では笹本さんとその彼氏をよく見かけた。笹本さんは笑顔がとてもかわいかった。何年か前同窓会で出会い、友人に笹本さんの電話番号を聞いて、しつこく電話をしていた時期がある。私はその時、アダルトビデオの制作会社に勤めていて、欲求不満で彼女もいなかった。彼女と一緒に教会へ行った。食事もした。一緒に電車に乗って帰ってきた。彼女は都立の高校で、家庭科の教師をしていた。私がしつこく電話して、しまいにはファクスして、気味悪がれて連絡しなくなった。もう連絡先は知らない。

高校の時、小岩から亀戸に行く電車は、大変込んでいた。それで、乗るのが嫌で、ベンチでうたた寝をしていたことがある。遅刻が大変多かった。

高校の時、昼食の時間だと思って、外食をしに行ったら、三時間目だった。帰ってきたら確か日本史の先生だったが、ドアを開けて入ると、びっくりした顔をしていた。

卒業アルバムには、私が寝ている写真が、うつし出されている。夜はバイトに忙しく、いつも授業中には寝ていた。遅刻が多くて、ぎりぎりで卒業できた。

高校の時、曳舟駅で、担任の先生と会った。私は缶ジュースを持って列車に乗っていたのだが、それを先生に注意された。

高校の時、父に学校を辞めたいと言ったら、家を追い出された。それで友達の家に泊り込んだり、荒川の土手で寝たり?新宿のランジェリー・パブに半分住み込むような形で勤めたりした。年令を偽って、嘘をついて。

高校の時、クラスメイトの女性の家に泊めてもらったことがある。その友達のおばあちゃんが私のことを、怖がった。彼女は美容師になりたい女の子だった。足がとても小さかった。

高校の時、退学を考えていた時期に、同級生が家まで来てくれた。一人は結婚して子供がいる。一人は銀行員である。前回の同窓会のこともあるし、以後同窓会には参加できないような気がしている。

高校の時、退学願を担任の先生に出したが、それは保管されていて、夏休みの後、学校に戻ることができた。
 

46

 投稿者:ユダ  投稿日:2010年 4月25日(日)00時15分23秒
  中学の時、父が成績が上がったら、パソコンを買ってくれると言った。それで私は必死で勉強をするようになった。それで成績はトップクラスになった。

中学の時、パソコンのゲームで三国志をよくやっていた。おおすみ君という水道局の奥に住んでいた友達のところへ行き、夕食までごちそうになっていたことがある。しかし、自分のパソコンでゲームができるようになると、おおすみ君の家には遊びに行かなくなり、自分の家にあるパソコンでゲームをした。

高校受験では、大学の付属の高校を何校か受けたが、すべて落ちてしまった。それですべり止めの都立墨田川高校へ入学した。受験のテストの時には、すごく緊張していた。

中学の時、渋谷まで塾に行っていたことがある。その電車でチカンをした覚えがある。目の前の女性を触ると、相手が身をよじらせるのだ。無意識のうちに触ってしまっていたようだ。

高校でははじめのうちは成績がよかったが、アルバイトをするようになって、トップクラスから最後の方へ転落した。アルバイトは食事も出す、居酒屋で鮒忠と言う店で亀戸にあった。
 

45

 投稿者:ユダ  投稿日:2010年 4月24日(土)19時38分4秒
  子供の時、家族で海水浴に出かけた。私はおぼれてしまい、苦しい思いをした。やっと陸に上がって水を吐いている時、父親が何か私に言って、笑っていた。

中学の時、性に目覚めて、自転車で遠くまで行って、男性誌を買いあさっていた。男性誌はどんどんたまり、ある時、それらは机の下に隠していたのだが、二階に住む同級生に発見された。

二十くらいの時、私の家に藤本君が遊びに来ていて、たまった男性誌を発見された。何か私にそのことで言った。「すごいねー」みたいなことを。

二十を過ぎた頃、いつのことだかはっきりしないが、恩田さん(女性)が私の部屋に遊びに来ていて、アダルトビデオを発見された。スチュワーデスの企画物のビデオで、それを見て笑っていた。

二十くらいの時、男性誌はたまりにたまっていたので、使えそうな部分だけ切り取って、押入れの中に保管していた。

ダルクに入寮していた頃、男性誌の使えるところだけを切り取って、ノートにはり付けて保存していた。ある時二階の台所の棚に置いていたのだが、気が付くとなくなってしまっていた。誰かが捨ててしまったようだった。

中学の時、学校を仮病で休んで、アダルトビデオをレンタルしにいった。体温計は両手でこすって体温が高いかのようにした。今ではその店はなくなり、クリーニング屋になっている。

覚せい剤を使っていた時、二件のビデオ屋に行って、合計十二本とかビデオを借りて、部屋にこもって見ていた。ある時受付の店員が主婦で、恥ずかしい気持ちのまま、ビデオを借りた。二件のビデオ店は両方とも今はつぶれてしまった。

覚せい剤を手に入れた時、藤本君が一緒にいて、早く帰ってもらった覚えがある。部屋で二人で少しだけ薬をやって、後は自分ひとりで、ビデオを見て自慰をしたかったから、帰ってもらった。

覚せい剤を使用していた時、アダルトビデオをたくさん借りたが、使えそうな部分は録画して編集していた。その編集したビデオはどんどんたまっていった。しかし、二十を過ぎて引越しをする時に全て捨てた。
 

44

 投稿者:ユダ  投稿日:2010年 4月24日(土)02時51分33秒
  小学校の卒業にあたって、担任の渡辺先生は、黒板にこう書いた。「人生一度きりだから、好きなように生きればいいじゃないか」と。先生は女性であったが、はかま姿で、そう熱く語った。
また先生は、性的な事柄を男子がじょうだん半分で話すと、セックスというのは神聖なものなのだ、そんな風にちゃかすのではないと怒っていたことを覚えている。

今も私の卒業した小学校の、玄関の左側の入り口には、みんなで作った粘土板が飾られている。その一つに、私が手がけたものもある。

小学校の時の同級生で、松丸君と言う人がいるが、今私が住んでいる近くでコンビニの店長をしている。お互いわかっているのだけど、私は勇気を出して元気ですか、とか近況の事などを話すことができないでいる。私は自分の病気もあるし、なかなか話かけれない。
そんなに仲良くはなかったが、それは寂しいことだ。店員と客のままである。

小学校の同級生で、島貫さんと言う女性がいた。スーパーで思い切って声をかけてみたら、そのお姉さんだった。とてもよく似ているのだ。

小学校の時はよく母の実家の沖縄に出かけた。親せきで、のぞみ、という一つか二つ上の女性がいる。小学校時代、私は彼女に恋をしていた。その時は気が付かなかったが、離れてみて気が付いた。彼女の写真はいつも財布の中に忍ばせていた。
あるとき沖縄で夜遅くまで、のぞみとテレビを見ていた。するとおじいちゃんがもう寝なさいと注意してきた。二人は寝室で、暗い中しばらくひそんで、おじいちゃんが寝るのを待って、再びテレビを見た。暗い中で二人でいると、ドキドキしている自分がいた。二人でヒソヒソ話をした。
のぞみは今では一児の母、母子家庭だ。部屋で引きこもっていたとき、彼女をあわれんで、小学校時代の彼女に対する気持ちが復活してきた。
もう年をとって、顔はしわだらけである。今はゴルフ場でキャディーの仕事をしている。
おじいちゃんの葬式のとき、顔をあわせたが、昔の事は、忘れているようだったし、母子家庭といってもそれなりに幸せそうにしていた。
息子の名はしょうご、ある時コンビニに連れて行かれて、物を買わされた、安いものだと思っていたが、五千円した。その時たまたまお金を持っていたので、払ってしまった。その時子供は頭がいいと言うか、うまくだまされたような気がした。

小学校の時、ジュニア・リーダーに参加していた。その時知り合った年上の女性に恋をして、電話帳で彼女の電話番号を調べ、電話をしたことがあった。彼女はその時中学生だったと思う、とてもびっくりしたようすだった。顔ににきびがたくさんある女の子だった。
 

41-2

 投稿者:ユダ  投稿日:2010年 4月23日(金)23時47分48秒
  アメリカでヘロインは盗まれてしまったので、今度は売人の所に一人で出かけて買った。この時は宿を変えて、日本人が多い宿にいたのだが、静脈に注射して再び気絶してしまった。それ以後は、お尻に筋肉注射したが、あまりいい、気持ちがいいという感じはしなかっつた。部屋でボケッとしていた。  

43

 投稿者:ユダ  投稿日:2010年 4月23日(金)23時41分47秒
  小学生の時、校庭でボール遊びをしている時に、誤って上級生の男の子の顔面にボールを当ててしまった。相手は怒っていた。

小学生の時、応援団長になった。黄色組だったが、コンテンツを一つやり損ねて、減点されてしまった。また、徒競走100メートルでは、ビリだったのが非常に恥ずかしかった。

小学生の時、とても仲のいい女の子がいて、その子の家でテレビゲームをしていた。ゲームはベースボール(ファミコン)とかだった。彼女は片親で、何度か顔を合わせたことがある。その子は中学の途中で転校してしまった。また、その子とは小学生の時にはよく遊んだが、家族ぐるみでディズニーランド行ったり、中学に入ってからは、その子、彼女はサッカー部のうらかべくんと仲良しになったみたいだ。中学に入ってからは、彼女とは完全に・・ほとんど付き合いがなくなってしまった。

小学生の時、あまり面識がない中山君に「しゅうちゃん」と呼びかけたら、まわりにいた誰かが、気安く呼ぶんじゃねえみたいなことを私に言った。

小学生の時、同じクラスで卒業した植田さんと、何十年かぶりに駅の近くのリサイクルショップで出会った。彼氏と一緒だった。非常にそっけない態度で、対応された。
彼女とは二十くらいの時に同窓会みたいのがあって、植田さんを美術館にしつこく誘った思い出がある。彼女いわく「なんで美術館なの」と。小学生の時は、愛嬌のあるひかえめなかわいい子だった。
彼女は質屋とピザ屋、両親が経営しているみたいで、今でも小岩にはその店がある。

小学生の時、顔見知りだった、仲良くしていた藤田君と偶然何十年かぶりに、近所の郵便局であった。彼は母と一緒で、スーツ姿だった。酒でも飲みに行こうと誘われ、私は病気で酒は飲めないと言って誘いを断った。

小学生の時、仲がよくなった中山君の家に何度か遊びに行った。彼の妹にやさしいから、ということで好かれて、バレンタインにチョコをもらった覚えがある。
彼は父が歯科医で開業医であった。彼の服には歯医者の臭いがしみついていたのを覚えている。
ある時、中山歯科で診察してもらって、夜になってから歯が痛くなり、母に頼んで中山さんの宅に電話をしたことがあるが、正確には母に電話をしてもらったことを、迷惑でなかったんじゃないかと思い出すときがある。
中山歯科は先日までは、休診の札が入り口のところに紙ではられていたが、最近はその紙がはられていないから、営業しているのかもしれない。
 

42

 投稿者:ユダ  投稿日:2010年 4月23日(金)20時57分24秒
  私はアメリカに借金をして逃げる前は、兵庫県で季節労働者として、ブラウン管工場で働いていた。借金が二百万くらいあり、それを一気に返すつもりで、そこで働いていたが、そのことがばかばかしく思えて、借金して返したお金を再度借りてその金でアメリカに逃げた。金額は百万、それ以外に旅行に必要な持物を何十万分かカードで購入した。スーツケースや、スーツなどである、細かいものは忘れてしまった。

借金してアメリカに逃げたことの頭にあったのは、画家のフランシス・ベーコンの足跡によるものである。彼は故郷を捨て、都会でホストや色々な仕事に就きながらも、画家としての地位を獲得する。彼は美大にも通っていなかったし、特別な学問もなかった。私はその生き方に何か感じるものを得て、私も同じようにやってみようと思った。それが私が借金をして日本を捨ててアメリカに行ったことの、最大の動機である。
 

レンタル掲示板
/20