teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


やりましたね!!大会新記録樹立

 投稿者:井上隆史  投稿日:2018年12月 3日(月)22時34分21秒
  第3回神奈マススプリントが12月2日(日)横浜国際サブプール(短水路)で開催されました。
今年の最後の大会になるという人も多く、レベルの高い大会でした。
競争は場所取りから始まりました!
嶋田さんが開場20分前から並んで場所取りをしたおかげで、凌泳会メンバーはどうにか体育館内で座る場所が確保できて、出番までの体調を整えることができました。
出足の1バタで嶋田さんが1.33.38の好記録で大会新記録で優勝しました。
今年の最終レースで大会記録を樹立したのはお見事でしたね!!
(もっとも、本人は1.30.00を切りたかったようですが、、、。)
25MBac.で岡見さん(+80)と福知さん(+75)が並んで泳ぎ、21.16で福知さんは優勝でしたが、+80の岡見さんは22.40と1週間前の記録より1秒良いのに4位にとどまり、レベルの高さを実感しましたね。
嶋田さんの1個メも1.34.53はまずまずの記録でしたが、ナントナント5位でした。
まさしく、レベルは高い大会でしたね。
短水路プールは25Mのターンするタッチ板が滑りやすく、皆さん苦労していましたね。
福知さんの半Ba.で48.22と記録が悪いのは、滑って、沈んで、失格にならなくてよかったねというレースでした。
私もブレでは失格寸前でしたね。
ブレのターンを失敗するのは初めてでしたね。
そんなことで今年の最終レースを終えて、焼肉とビールで1年の健闘を慰労し、来年の飛躍を期して、散会しました。
 
 

第6回ジャパンスプリント

 投稿者:井上隆史  投稿日:2018年11月25日(日)17時22分18秒
  第6回Japan Sprint選手権が11/24,25千葉国際総合水泳場(短水路)で開催され、凌泳会からは岡見晴児(セントラル本郷台)、武政英幸、福知武、安茂弘、佐敷定雄(柏洋S.C.)、呉竹正人、井上隆史の7名が参戦しました。
今年の最終レースの人もあり、締めくくりにふさわしい熱戦を展開しました。
初日は、呉竹君が助っ人となり、+280歳区分の4*25のメドレーリレーに見事に優勝しました。
1個メでは武政君が4位ながらも宿敵の立川水協の宮内勤君に競り勝ったのが印象的でしたね。
またハンフリーでは井上、安茂、福知が0.18秒のタッチの差でゴールしました。
専門外の半Fr.に挑戦した、安茂、福知は立派でしたね。
凌泳会で3人順番が表示されるのは爽快でしたが、ワン、ツー、スリーフィニッシュでないのが残念ですね。
二日目は関西からの安茂君が一人だけの参戦でしたが、半ブレと1ブレに見事金メダルを獲得し、良い新年を迎えられることになりました。
試合終了後は「はなの舞」1年間の健闘をたたえあって、祝杯をあげました。
神奈川のメンバーは12/2に横浜国際P.で神奈マススプリントが今年の最終レースになります。
また、12/6(木)には凌泳会忘年会がありますので、元気に再会することを誓って別れました。  
 

セントラルマスターズ

 投稿者:岡見晴児  投稿日:2018年11月 6日(火)11時22分56秒
   第70回セントラルマスターズが11月3日千葉国際プール(長水)で開催されました。
 50M背泳ぎは競り合っていた隣のコースが気になりラスト7~8Mあたりから2,3回横を 向いたのが失敗で0.09秒の差で2位となりました。最後まで頭は真っすぐ上を向け、とい
 う教訓を噛みしめています。小一時間後に50自にもアルバイトで出ました。何年振りかの飛 び込み台からのスタートもなんとかうまく?いき完泳できました。
 しかし、一日で50M2本しかも長水のレースはとても疲れました。トシですかな…。
 次は24日のジャパンスプリント、凌泳諸氏にお会いできるのを楽しみにしています。、 )
 

第26回神奈マスLong

 投稿者:井上隆史  投稿日:2018年10月 1日(月)10時38分34秒
  こちらでは、日ごろからすぐにストップするJR相模線、横浜線を利用する相模原市立総合水泳場(長水路)で9月30日開催されました。
24号台風が日本列島を直撃する予報で、東海道新幹線は9.30以降運休と早々に発表されました。
また、高知の大会は中止と発表され、この大会がどうなるのか、注目されていましたが、催行され、全員自宅へ無事帰宅しました。
流石に欠席者は多かったですね。
優勝者は2個メの嶋田さんだけでした。
嶋田さんはバタ、バックで2.39秒リードしていましたが、ブレで0.33秒逆転され、フリーで再度逆転し2.28秒差で優勝でした。
お見事でしたね。
台風接近中で落ち着かないところでしたが、インド料理のカレーをつまみに軽く祝杯を上げました。
嶋田さんはウーマンズの1バタと2連勝ですね。
福知さんは半バックで見事46秒を切り、銀メダルでした。
濱出クンは会社の先輩たちと一緒に1バタに出場しましたが、少しおなかが出てきたせいでか、先輩方に花を持たせる結果となりました。
次回は精進して、タイムアップをしてくれるでしょうね。
 

第1回アジアM.兼第35回Japan M.

 投稿者:井上隆史  投稿日:2018年 7月17日(火)21時34分26秒
  今年のJapan M.は第1回アジアM.と同時開催で7/12(木)~16(月)名古屋の日本ガイシアリーナで開催されました。参加者は約5500名と昨年より相当増えました。
個人種目では安茂弘君が1Br.で8位でメダルをゲットしました。
その他、凌泳会からは手嶋忠之君、格谷隆君、井上隆史が参戦し、4*50Fr.R.の+280歳区分に出場しました。
佐敷君の所属の柏洋S.Cが優勝し、凌泳会は格谷君が猛追しましたが、残念ながら6位でした。
半Fr.+50~54歳区分で格谷君は28.05の好記録でしたが、順位は20位でした。
しかし20位とはいえ、ナントナント参加者は153人の大激戦区でしたので、価値ある20位でしたね。
ちなみに、一番参加者の多いのは半Fr.の45~49歳区分で、174名がエントリーしています。
10レーンで、一斉にスタートしますが、同じ年齢区分の半フリのレースが延々と続きましたね。
凌泳会出身者で他クラブから出場の佐敷定雄君(柏洋S)、小南裕明君(コナミ東加古川)は見事メダルをゲットしましたね。
慈幸弘樹君(しんまいこ)も健闘しましたが、メダルには届きませんでしたね。
レースを見ながら、確実にメダルの獲得する方法は無いかと考えました。
結論は参加者が1名しかいない種目に出場すれば必ず金メダルが貰えます。
ランキング表で調べました。
+85~90で2バタは出場者は1人です。
しかし、2バタは78歳の現在でも完泳できないのですから、あと7年後には絶対に無理ですね。
+90歳になれば、どの種目かで可能性はあるかと思いますが、人生100年時代に突入していますので、13年後の90歳のスイマーは多数いて、また激戦区になり、簡単にはメダルをゲットできないでしょうね。
やはり、数年後の+320歳のリレーに期待するのが、一番可能性はありますかねえ。
そのためには+80歳を元気に迎える必要がありますね。
明日も練習するしかないかなあ!!
 

セントラルマスターズ

 投稿者:岡見晴児  投稿日:2018年 7月 1日(日)11時19分9秒
   6月16日に第69回セントラルマスターズが横浜国際プール(長水)で開催されました。50背は51”04で1位でした。1時間後に行われた50自にも出ましたが48”85で6位でした。何年ぶりかの自由形のレースだったのでスタートはスタート台ではなくプールデッキからとしました。ダウンのつもりでいましたが、いざレースになると年甲斐もなく頑張ってしまいました。自由形もなかなか面白く、スタートを練習してこれからも時々チャレンジしようかと思っているところです。  

第13回コナミM.

 投稿者:井上隆史  投稿日:2018年 7月 1日(日)09時03分22秒
  第13回コナミM.が6/30(土)横浜国際P.で開催され、凌泳会から福知武さん、前田和秀さん、井上隆史の3名が参戦しました。
今回のレースは、マスターズのマンネリを脱皮するために、福知、前田が1Fr.に井上が1Br.に挑戦しました。
それぞれ、80年近い人生初めてのレース種目でしたので、無事完泳できて、しかもメダルまでゲットできたのは望外の喜びでしたね。
梅雨明け宣言が6/29と史上最速で、蒸し暑いさなかのレースでしたから、焼肉をつまみにビールのうまいこと、うまいことよ!!
ひょんなことから、凌泳レディースの予備軍も参加したことから、ビールの味が格段に濃く、さわやかになりましたね。
ワールドカップで寝不足の夏の夜の楽しいひと時でしたね。
 

2018短水路大会20傑ランキング

 投稿者:安茂 弘  投稿日:2018年 6月 7日(木)21時40分23秒
  3月末から始まった短水路大会は6月3日を最後に28会場すべて終わりました。
各会場のランキングをもとに全国20傑ランキングを整理してみました。
凌泳会関係では19名が55種目に出場し、24種目(11名)が20傑入りしました。
リレーは5種目がすべて10位以内でした。
ランキングは米田さんに掲載して頂きます。

 

神奈川(川崎)大会

 投稿者:井上隆史  投稿日:2018年 5月21日(月)11時51分44秒
  5月の風薫る5月20日(日)に川崎大会が開催されました。
凌泳会では関西から安茂さんを迎え、武政、福知、前田、呉竹、浦野、濱出、嶋田、井上の9名が参加しました。
新しいプールの割に、アッププールが無いために、レース前とレース中にアップ時間を取るために、早朝から18時過ぎまでレースが続きます。
7時開場、9時試合開始、18.23終了予定。
凌泳会としては、4*100のメドレーとフリーリレーに+280歳区分と+240歳区分の2チームが出場しました。
+280歳区分ではメドレー、フリーともに金、+240歳区分では金と銀でした。
圧巻は4*100のフリーリレーでした。
240歳区分は銀でしたが、力が入りましたね。
浦野君が1.09.36で飛び出し、前田君が1.38.18、武政君1.27.38でつなぎ濱出君が59.15で猛追して、あわや200歳区分の選手を追い抜こうかと迫りました。
思わずプールサイドで「オイヌケー」と声援送りましたね。
300M時点で12.21秒の差がゴール時は2.36秒差でした。
あと10M距離があればと感じさせるレースでした。
大逆転していれば、リレーの醍醐味を味わえたところでしたね。
個人ではメダルラッシュでした。
打ち上げは、来年の凌泳レディースの見込みのゲスト2人を入れて稲田堤で開催し大いに気勢を上げました。

 

神奈川大会(相模原)

 投稿者:井上隆史  投稿日:2018年 5月 4日(金)09時23分51秒
  連休の真っ最中の5月3日に開催されるこの大会は参加者の人気も高く参加者が多いですね。
しかし、現役諸君のメンバーの多い凌泳会からは毎年数人の参加でさびしい大会となっています。
今年は前田和秀、井上隆史の他にセントラル本郷台から出場の岡見晴児の3人参加のちょっとさびしい大会でした。
メダルは岡見さんが銀*2、前田銅*1、井上金*1の戦績でした。
安茂君の記録を見ると、関西でよく頑張っているなと思いますが、「練習は嘘をつかない」という言葉を実感で理解できますね。
2個メで安茂君に13秒も遅れてしまいましたね。
川崎までに少しは立て直しができるかな?
 

レンタル掲示板
/57