teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今日も産経新聞朝の詩から

 投稿者:miko  投稿日:2007年 7月20日(金)14時19分0秒
  砂の言葉    永瀬 操氏

電車の座席で若者が
一心不乱に
メールをうっている
画面の上の言葉は
言葉ではない
だってそこには
「間」がないから
沈黙一つの言葉
ふとためらう瞬間も
もどかしいくらい
息せく熱い時も
何も伝えられはしない
指のあいだから
砂がこぼれるように
君は味気ない
言葉の海で
いつか大事なものを
見失う

http://www11.plala.or.jp/。yuuyuuu/miko/index.htm

 
 

カールロジャーズ、昨日の研修で・・・

 投稿者:miko  投稿日:2007年 7月15日(日)08時26分55秒
  『何をしてあげたかが大事なのではなく、そこにいることが大事である』カール ロジャーズ 。「 to be to not'to duo  」 英語は自信ありませんから教えてください。
人間のコミュニケーションの始まり、孤独な高齢者、鬱患者さんに対しての関わりの第一歩
お互いが受け入れ同じ空間で同じ時間を過ごす。
そこから会話生まれるときもあり、その言葉の影にある思いを感じとる。

http://http://purple.ap.teacup.com/mikotyan5/8.html

 

おはよう御座います

 投稿者:miko  投稿日:2007年 7月 1日(日)15時55分6秒
  今日も紙上からです。
ルワンダ出身のシンガー・コルネイユさんの言葉です。
彼は14歳の時ルワンダ大虐殺に遭遇し、家族は全員虐殺されました。壁とソファーの間に隠れた彼は辛うじて生き延びる事が出来ました。歌手活動を始めたいと願っていた時期の出来事です。彼は『何年にも渡って自分探しみたいなことをしてきた。その度に迷子になり無感情にもなった。そのダークなとことから引っ張り出してくれたのが愛だったんです』
彼は苦難を乗り越え結婚したそうです。
アルバムを出しています。「君のことを一生ホームとはいわないよ」と言うタイトルです
私も聴きたいと思います。

http://www11.plala.or.jp/yuuyuuu/miko/index.htm

 

心に残る当たり前の言葉

 投稿者:miko  投稿日:2007年 6月30日(土)08時00分39秒
  でもこんなに端的に表現できない。

乳児は肌を離すな
幼児は手を離すな
少年は目を離すな
青年は心を話すな

何と言い得て居る事でしょう。

http://www11.plala.or.jp/yuuyuuu/miko/index.htm

 

今日も産経新聞朝の詩から

 投稿者:miko  投稿日:2007年 6月28日(木)14時17分25秒
  「三っつへったら」
とうふ
なっとう
さんま
を買った
これで安心
これで長生き
単身男

でも
一つへっても
二人がいい
二つへっても
二人がいい
でも・・・・・
三つへったら
どうしよう

http://www11.plala.or.jp/yuuyuuu/miko/index.htm

 

2007.6.67/産経新聞、投稿者詩から・。

 投稿者:miko  投稿日:2007年 6月27日(水)11時11分19秒
  真珠  寺下 さん

痛かろう
辛かろう
石を抱(抱い)いて
あこや貝は
真珠をつくる

悲しかろう
つらかろう
苦しみを抱いて
人は生きる

時を重ね 歳を重ね
あこや貝のように
生きて

人よ、やがて
まあるい真珠のような
心になろう

http://www11.plala.or.jp/yuuyuuu/miko/index.htm

 

レンタル掲示板
/1