teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


藤井あけみさん初めまして。

 投稿者:まふぃん  投稿日:2012年 3月13日(火)21時46分43秒
  初めまして。
医療保育士を目指しているものです。大学の卒業研究で医療保育について調べ、欧米諸国のCLSやHPSのような資格が日本でできないかと心待ちにしていました。
子ども療養支援士の存在を知ったのが遅く、スタートが遅れてしまいましたが、私も目指したいと思っております。
一歩でも近づくために保育士の資格を取得し、今年から働こうと思うのですが、なかなか病院では働けないのが現実です。
どのような現場で働くのが、少しでも医療保育士として働くための勉強になるのか、もしアドバイスがあればお願い致します。
ちなみに大学生の頃に病棟ボランティアをしていたのですが、とても勉強になり、良い経験となりました!

日本の医療保育の世界が今後更に成長を続けて行く事を私も心から願っています。
 
 

兄弟姉妹のこと。

 投稿者:にんじんうさぎ  投稿日:2012年 2月16日(木)14時54分10秒
  先日、震災で我が子を亡くした親の集い、についてテレビで放送されていました。

我が子を亡くして悲しむのは親だったら当然のことだろうと思います。悲しんで、泣いていいと思います、無理に抑えたりしないで。

私が気になったのは、亡くなった子どもの、兄弟姉妹の存在でした。
映像でとらえられているのは、ほんの一部分だと思うので、経験をしていない者がことばを発していいのか、今も迷っています。

生きている子どもたちは、亡くなった兄弟姉妹のことを思い悲しむ家族を見てどう感じているのだろうか。
悲しむ家族の前で自分の思いを出せなくなったり、自分の存在に揺らぎを感じたり、しないのだろうか・・・

今いる子どもたちも見てあげて!
と、私は思いました。
悲しんでもいい、泣いてもいいと思います。
でも、今いる子どもたちのことも皆でしっかり見て欲しい。

病気を持つ子どもの兄弟姉妹の問題とも関わるのではないかと思い、投稿させていただきました。
また、病気での入院の中では病気の違いや重さ(あくまでも見かけ上ですが)による差別や偏見も存在することがあります。

今生きている子どもたちに、生存者としての苦しみを感じて欲しくないと私は思うのです。

不快に感じられた方がいらっしゃったら本当にごめんなさい。
 

ありがとうございます

 投稿者:T.S  投稿日:2012年 2月 6日(月)22時07分35秒
  ご返事ありがとうございます。北欧にはいらっしゃるのですね。性別だけでは支援の仕方は大きくは変わらないかもしれませんが、男だからやりやすいアプローチや支援の方法もあるのではないかと思っています。私もいつか日本でCLSとして活躍できるようにがんばりたいと思います。  

カンファレンスの日程

 投稿者:2012日本チャイルド・ライフ学会カンファレンス委員長  投稿日:2012年 2月 6日(月)11時36分19秒
  皆様

昨年の第11回 日本チャイルド・ライフ学会 カンファレンスでは大変お世話になりました。
年が明け、第12回 日本チャイルド・ライフ学会 カンファレンスの日程をお知らせする季節になりました。
今年は下記の通りです。万障お繰り合わせの上、ぜひ秋の札幌に足をお運びください。

日時:2012年10月20日(土)AM10:00~17:00(18:00~20:00 懇親会)
場所:北海道大学医学部学友会館フラテ

詳細は追ってお知らせ致します。
 

小梅さん、T.Sさん、ようこそ!

 投稿者:藤井あけみ  投稿日:2012年 2月 4日(土)10時48分27秒
  こんにちは。

日本チャイルド・ライフ学会のにじ色掲示板にようこそおこしくださいました。

小梅さん、重症心身障害のお子さんや発達障害のお子さんに関わっていらっしゃるんですね。
チャイルド・ライフの子どもの見方やさまざまな手技が役に立つといいなと思います。
私も時々病院で自閉症の傾向を持つお子さんと関わりますが、みんなすごく感度の良いお子さんで、いつも感銘を受けています。言葉を超えたところで通じるものがあって、仲良しになることが多いです。
お仕事、がんばってくださいね。

T.SさんはOTさんのたまごですね。OTも重要な分野ですよね。ではご質問にお答えしますね。
男性のチャイルド・ライフ・スペシャリストですが、もちろんいます。ただおそらくまだ日本にはいません。北米では女性に比較すると少ないですが、それなりにいます。そしてとても良い働きをしていると思います。
日本でも男性のチャイルド・ライフ・スペシャリストが活躍してくれるようになるといいな、と思います。
 

藤井あけみさんはじめまして

 投稿者:T.S  投稿日:2012年 1月29日(日)15時25分38秒
  はじめまして。私は大学てOT学生をしている3年生です。特に小児科領域に興味があります。小児科領域の勉強していく中でCLSの存在を知り、とても興味をもっています。自分は男なのですが調べていく中で女性のCLSの方が多い印象でした、海外や日本内には男性のCLSはいらっしゃいますか?  

藤井さん はじめまして

 投稿者:小梅  投稿日:2012年 1月24日(火)13時39分29秒
  私は 重症心身障害児施設の外来に勤務するナースです。 NHKで藤井さんの事を知りました。職場では発達障害の子供さんたちとかかわることも多く 日々 勉強!です。     たびたび ここに おじゃまさせていただきます。  

ありがとうございました

 投稿者:ゆみこメール  投稿日:2012年 1月23日(月)19時06分54秒
   返信が遅くなってすみません。やっぱり見学は難しいのですね。
藤井さんが書かれた本や他のCLSの本を読みながら情報を収集していきたいと思います。
ありがとうございます。
 

見学について

 投稿者:藤井あけみ  投稿日:2012年 1月17日(火)22時37分19秒
  ゆみこさんへ

こんにちは。見学の件、不可能ではないけれど簡単ではないというのが今の私の答えです。

学生さん個人で申し込むとかなりむずかしいと思いますが、卒論研究などの目的で担当教官
に依頼状、推薦状を書いてもらってCLSにお願いをすれば可能になるかもしれません。

私が勤務する病院で見学者を受け入れる場合ですが、依頼状の他に健康診断書も必要だった
ように思います。

以上、思いついたのはこんなところでした。
 

はじめまして藤井あけみさん

 投稿者:ゆみこメール  投稿日:2012年 1月15日(日)16時45分6秒
  はじめまして。私は、大学で心理学を学んでいる三年生です。CLSという職業に興味があります語学面と経済面に不安があるので子ども療養支援士を目指そうと思っています。
 去年の夏にある病院のCLSの方に仕事をしている現場を見学させて欲しいとお願いしたところ、患者さんのプライバシーの問題があるので出来ませんと断られてしまいました。
やっぱり見学というのはできないですか?
 

レンタル掲示板
/84